https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CSS85_mbakubiwokashige20131019-thumb-1000xauto-17314.jpg

「ネット生保にはデメリットも多く存在します」

ネット生保は価格が魅力ですが、自分自身で保険を見極められる能力が要求されます。
保険という商品は価格が安ければ優れているという訳では無く、自身が必要としている内容の保障が得られなければ意味が無いからです。
その為、必要としている保障を安く手に入れて初めてメリットとなるのです。
しかし、ネット生保では一般的な生保のように相談に乗ってくれる担当者がいないので、自分で商品の内容を調べて自分に合った賞品かを見極める必要があるのです。
この他にもネット生保のデメリットとしてネットでの手続きが面倒な点があります。
これは本来なら保険会社の人が行う手続きをコストカットにより自分自身で行うことになっていて、窓口ならば担当者が記入する必要がある欄を教えてくれたりするのでスムーズに手続きを進めることが出来ます。
特に負担を感じるのは健康告知の記入で既往歴には正確な病名が必要だったりと自分自身だけで記入するのは手間が掛かります。
しかも、記入欄に不備があると自己責任となり、最悪のケースでは保険金が支払われない可能性もあるので注意が必要となります。